大人ニキビのケアと治し方・10代の思春期ニキビとは違う!

大人ニキビのケアと治し方・10代の思春期ニキビとは違う!

 

10代のニキビとは違う大人ニキビ

 

ニキビというと、一般的に思春期の十代の頃に悩まされるものというイメージがあります。

 

思春期のニキビはホルモンの分泌が大きく影響しており、その分泌量が高まることでできてしまいます。

 

しかし、大人になってもニキビに悩まされる方も多く、これは10代の頃にできるニキビとは全く異なるもので、その原因も違うのです。

 

 

いわゆる大人ニキビは、ストレスや食生活生活習慣の乱れによるものが多く、それらが重なる事でなかなか治りにくいニキビとなってしまいます。

 

これを知らずに10代の頃と同じようにニキビケアをしても治りにくいのは、原因は根本的に違うからなのです。

 

特に女性の場合、同じところに何度もニキビができてしまい、きちんと清潔にしているにもかかわらずなかなか治らない、という話もよく聞きますよね。

 

女性の場合、年齢を重ねるとホルモンバランスが乱れやすくなり、それによって睡眠不足、食生活の偏りから負のスパイラルに入ってしまい、なかなか治すことが出来なくなってしまいます。

 

 

では、そんな大人ニキビをのケアの仕方はどのようにすればいいのでしょうか。

 

 

大人ニキビのケア方法

 

大人ニキビの原因は、先ほど述べたように生活習慣が大きく影響しています。

 

即ち、ニキビができるということは、カラダからのサインの一つとも言えます。

 

そのニキビをつぶしたり清潔にすることに重きを置くよりも、まずは思い当たる食生活の改善良質な睡眠を取る事を心掛けましょう。

 

 

そして、原因の一つであるストレスを上手に解消することも、ニキビケアの一つです。

 

有酸素運動を行うこと、心と体を休める時間を作ることが大切です。

 

これには自律神経も大きく影響があるとも言われていますが、とにかく忙しい現代人は休むことが極端に少ないのです。

 

ヨガやウォーキングで自分の時間を作る事、またアロマや整体でリラックスすることで、心と体のバランスを整えていきましょう。

 

 

また、女性の場合婦人病が原因でニキビができやすくなることもあります。

 

卵巣や子宮のコンディションが原因となっている場合、まずは婦人科に行き検査を行うことも大切です。

 

卵巣の病気の場合、ホルモンに異常が起こるためにニキビができてしまうのです。

 

 

大人ニキビについてのまとめ

 

このように大人ニキビは、カラダの状態を知る一つの方法でもあります。

 

なかなかニキビが治らないという人は、その原因をしっかりと見直し、改めていく事が大人ニキビを治す一番の方法と言えます。