思春期ニキビに悩み、大人ニキビに悩んだ時の対策法

思春期ニキビに悩み、大人ニキビに悩んだ時の対策法

 

ニキビは体質が関係しているので、思春期ニキビに悩まされた人は、大人ニキビに悩む傾向があります。

 

思春期ニキビは年齢が関係するので、一定年齢を過ぎなければ完治は難しいですが、皮膚科に通って飲み薬と塗り薬を飲むことで症状が緩和されます。

 

しかし、大人ニキビはストレスが大いに関係しているので、ストレスを取り除くことは難しく、自分自身が私生活内で対策を練る必要があります。

 

 

思春期ニキビと大人ニキビに悩む場合の食生活

 

コーヒー・紅茶・緑茶といったカフェイン飲料は、飲みすぎるとよくないので、1日1・2杯に抑え、睡眠の質を低下させるので夜には飲まないようにし、ニキビを刺激してしまう効果があるため量と飲むタイミングは注意が必要です。

 

また、氷をガッツリ入れたり冷蔵庫でキンキンに冷え切った飲料は、胃腸や腎臓に負担をかけてしまい、肌荒れの原因を招くので気をつけるべきです。

 

お酒もアルコールが血行を促進してしまうため、赤く炎症したニキビがある時は控えるべきだし、どうしても飲みたい人でも適量以上は飲まないようにします。

 

お酒を飲むなら赤ワインであれば、お肌に良い成分が含まれるポリフェノールが含まれています。

 

青汁を1日1回飲みつつ、ビタミンB群のサプリメントを服用するとニキビに良く、皮膚科医はチョコラBBを患者に勧めています。

 

 

ニキビ改善のための手入れと運動

 

顔の洗いすぎは肌の乾燥を招くため、朝は水洗顔のみをし、夜はクレンジングでメイクを落とした後に石鹸等で洗顔すると良いです。

 

毛穴を全開に開ききった後で洗顔をしないと皮膚の汚れがきちんと落ちないので、毛穴を開いた後での洗顔は重要です。

 

タオルを水で濡らして絞ったものをラップにくるんで、レンジで500Wで40秒ほど温めた蒸しタオルを顔に冷めるまでのせると毛穴がいい感じに開きます。

 

洗顔後は、できれば30秒以内に化粧水をつけて水分の蒸発を防ぎ、夜は乳液をつけてケアします。

 

 

運動不足は便秘を促し、便秘は体の中に肌に悪い毒素を溜めているのでニキビを招きます。

 

運動ができない人は、腸マッサージか腹筋運動を行うかラジオ体操を行うと良いです。

 

動いて腸の働きを活性化させます。

 

 

ニキビに塗る市販薬も購入して寝る前に塗っておきますが、布団に擦れたり手で触ったりしないように注意が必要です。

 

 

ニキビ治療は、体内から変えていくことが1番です。

 

人それぞれ最も適したニキビ治療は違うので、複数試して合うものを探すことは大切です。